新宿区西新宿・都庁前の歯科医院 歯科診療室新宿NS 予防歯科・ホワイトニング・歯科口腔外科・インプラント・一般歯科

インプラント

歯を失った場合の治療法

虫歯や歯周病、突然の事故など、人はさまざまな原因で歯を失います。歯を失うことで、食べ物がよく噛めない、正しく発音できないなどのからだの問題ばかり でなく、食事を楽しめない、人前で自然な笑顔が作れない、年老いて見えるなど心の問題と深くかかわっています。歯を失った場合、ブリッジや入れ歯、インプ ラントが一般的な治療法として行われています。



インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

インプラントならそんなあなたのお悩みを解決できます。 今、天然歯とほとんど変わらない機能と外観を回復する、「第三の歯−インプラント(人工歯根)」治療が注目されています。インプラント治療によって、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、物を噛んだり、会話を楽しむことができます。


インプラント
ブリッジ
入れ歯
総入れ歯
対応方法とイメージ

・歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。



・失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。



・失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。



・取り外しの人工の歯を顎の上に載せる方法。




対応本数

・1本から、全ての歯を失った場合


・数本失った場合


・全部の歯を失った場合


周囲の歯や顎の影響

・歯を失った部分のみの治療で、周囲の歯に負担をかけない。
・歯を失った部分の骨が機能回復する為やせない。


・周囲の健康な歯を削る必要がある。
・大きな負担が健康な歯にかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。


・周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。


・顎の骨がやせる。


審美

・ご自分の歯に近い見た目。


・保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目。


・留め金が見える部分もある。


・顎の骨がやせてくると、口元にしわがよりやすい。


清掃

・ご自分の歯と同様に歯ブラシ、スーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。


・ご自分の歯と同様に歯ブラシし、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。


・はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃。


・はずして義歯の洗浄をする。


治療期間

・顎の状態によって異なるが、4ヶ月から1年くらい。その後も噛み合わせのチェックなどは必要。


・周囲の歯の状態によるが2週間〜2ヶ月前後で装着。その後も調整必要。


・周囲の歯の状態によるが2週間〜2ヶ月前後で装着。その後も調整必要。 


・1〜2ヶ月前後で作製装着。その後も調整必要。


欠点

・簡単な手術が必要である。
・私費の治療となる。


・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
・支えの歯に負担がかかり、将来的に折れる場合もある。
・歯を失った部分の骨がやせてくる。


・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
・外出先などでも取り外しをしなければならない。
・異物感を感じやすい。


・食べ物が食べ辛い。
・硬いものが食べられない。
・浮き上がる、外れる心配がある。
・舌感が悪い、喋りにくい。
・外出先などでも取り外しをしなければならない。



歯を1本失った場合のインプラント治療法


失った部分にインプラントを1本挿入します。
従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。

歯を何本か失った場合のインプラント治療法


従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが。インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯をすべて失った場合のインプラント治療法

全ての歯が欠けている場合・・・その1


5本あるいはそれ以上のインプラントにより、フルブリッジを固定します。

全ての歯が欠けている場合・・・その2


インプラント用の義歯を2本あるいは、それ以上のインプラントとアタッチメントにより接続します。

インプラント治療の順序

インプラント治療の順序
インプラント治療に必要な診療を行い、インプラントの治療が可能かどうか診断します。その後、治療計画を立てます。


フィクスチャー埋入の手術
歯の根に相当する部分インプラントの部品(=フィクスチャー)を、顎の骨に埋入する手術を行ないます。局部麻酔を用いて行ないますので、安心して手術を受けることができます。


治癒期間
この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3〜6ヶ月)
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。
アバットメントの連結
人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行なう場合もあります。


人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行ないます。その型に従い、人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。


メインテナンス
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。先生の指導に従い、正しい歯みがきを心がけてください。
また、半年に一度、定期検診を受け、インプラントの状態を先生にみてもらうようにしてください。




歯科診療室 新宿NS
〒163-0804 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル4階
03-3344-4649

Copyright (c) Dental Planning All Rights Reserved.