新宿区西新宿・都庁前の歯科医院 歯科診療室新宿NS 予防歯科・ホワイトニング・歯科口腔外科・インプラント・一般歯科

審美歯科治療の前に

審美歯科とは、歯を本来の姿にする見た目の美しさを求めた歯科治療です。
歯並びや白い歯が綺麗に整えば、顎のラインもスッキリして輪郭や表情も変わります。
口元を隠して笑う癖がなくなり、日常生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。

いつまでも健康的な歯を保つためにも、興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。



こんな方にピッタリです。

  • 白い歯にしたい
  • 銀歯が気になる
  • 口元が気になって笑えない
  • 歯並びが悪いが、矯正はしたくない
  • 短期間で歯並び、歯の大きさ、歯の形を治療したい
  • 差し歯の歯ぐきの色が気になる
  • 神経をとった歯の黒ずみが気になる
  • 金属アレルギーの方

審美歯科治療の種類

歯並びが悪い、歯の色が変色してしまったなどのトラブルを解決する審美歯科治療は大きく分けて、以下の3つがあります。

インレー

インレーとは
セラミックの白い詰め物を詰める治療方法です。

虫歯が比較的小さく範囲が狭い歯や、治療済みの金属が詰めてある歯など、健全な部分が多く残っている場合に行います。

この方法は、歯を削る量が少なく、残っている歯の色と同じ白い詰め物ができるので、金属の詰め物の様に見た目を損ねません。また、金属を使用しないので、金属アレルギーの方も安心してご利用いただけます。

インレーの種類
・オールセラミックインレー
金属を一切使わないため、歯茎が黒くなることもなく、美しい白さを保てます。
強度にも優れているので、奥歯の銀歯が気になる方におすすめな治療方法です。

・E-MAXインレー
ニケイ酸リチウムガラスセラミックスです。
強度を誇りながらも同時に適合の正確性、審美性を兼ね揃えています。

・ハイブリッドセラミックインレー
セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレー(詰め物)です。
オールセラミックインレーよりも強度が弱く、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットはありますが、長期間の使用で磨耗と変色がおこります。

クラウン

クラウンとは
クラウンとは、一般的に「差し歯」や「被せ物」と呼ばれる、虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
歯の全体をごく薄く削って、その上からセラミックのかぶせ物(クラウン)を被せます。
クラウンには、セラミックのみで作る方法と、セラミックの内面に金属を使う方法があり、患者さんの歯の状態や希望によりどちらかを選びます。

この治療法は、歯の色や白さを自由に変えることができ、虫歯などで失われた部分が大きい場合でも治療ができます。治療後の変色もありませんが、歯を削る量が多く、神経を取らなければならない場合があります。

クラウンの種類
・オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンはクラウン全体がセラミックだけで出来ており、金属を全く使用していません。強度があり、長期間使用しても変色ぜず、美しい白さを保つことができます。

・ジルコニアセラミッククラウン
ジルコニアセラミッククラウンは、メタルボンドの内面にジルコニアを使用したクラウンです。
強度も強く、金属を一切使用しないので、金属アレルギーなどの心配もありません。
審美的にも、オールセラミッククラウンには多少劣りますが、見た目も綺麗です。

・E-MAXインレー
ニケイ酸リチウムガラスセラミックスです。
強度を誇りながらも同時に適合の正確性、審美性を兼ね揃えています。

・メタルボンドセラミック
メタルボンドセラミックとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを焼き付けたクラウンです。金属を使用しているので、耐久性と強度に優れています。
見た目が良く変色しないため、強度も強いので非常によく使用されている治療法です。

・ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミッククラウンとは、セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたクラウンです。金属を使用しその上に作成する方法と、金属を使用しない方法があります。
オールセラミッククラウンよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットはありますが、色調は多少劣り、長期間使用により磨耗し変色します。


歯科診療室 新宿NS
〒163-0804 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル4階
03-3344-4649

Copyright (c) Dental Planning All Rights Reserved.